数ある内科系の中でも、一般内科に次いで求人数が多いと言われているのが消化器内科です。急性期病院のみならず、慢性期病院や小規模の診療所、その他の施設からも常時多くの求人募集入っている消化器内科の市場動向等について、今回はご紹介したいと思います。

内科系でも特に求人数が多い消化器内科

前述の通り、消化器内科は一般内科に次ぐ求人数の多さと言われていますが、その理由は非常に数多くの施設において高いニーズがあるためとみられます。総合病院はもちろんのこと、小・中規模の病院、健康診断や人間ドックの施設などにおいても随時募集がかけられているため、医師転職サイト等で求人を探せばかなりの求人募集をみかけることができます。消化器センターや内視鏡センターなどを擁しているような大規模病院の場合は、中でも若手を募集するケースが散見されていますが、逆に小規模の病院や診療所では高いスキルをもった40代以降の中堅・ベテラン医師を補充という形で探しているケースが増えてきます。

内視鏡検査や治療の経験数が医師の選考基準となる

このように全国的にも高い需要があるとされる消化器内科ですが、基本的な選考基準として挙げられるのは「内視鏡検査や治療における症例数」とされているため、このような経験をお持ちでなければ、転職時には選考で選ばれる可能性は非常に低くなるでしょう。
特に中規模、大規模の病院であれば、概ね消化器系を専門とする外来を備えているものですが、若手が採用される傾向の見える一方、専門性に特化した医師の採用も進んでいるのです。
上部・下部内視鏡ができる医師であればニーズが高く、その他には胸部、心電図等の読影ができるとなお良いとされます。消化器内科に関して気を付けて頂きたいのが、求人数が非常に多いからといって「採用に関わる選考基準がゆるい」わけではありません。実際には、医師に求められるスキルは医療施設によって大きく異なります。そのため、自身のこれまでのスキル等を元に、各施設の傾向を読み解きながら、求人を絞り込んでいくことが必要と言えるでしょう。

消化器センターなどでは即戦力となる医師が必要

専門性の高い機関、例えば専門を標榜しているクリニックや、消化器センター等の医療機関では、即戦力となる医師のニーズが高いことは容易に想像ができるところですよね。このような医療機関を目指す場合には、症例をしっかりと積んだ医師でなければ選考基準外となってしまうのです。
消化器センターなど、消化器系に特化した医療機関の求人選考では、募集枠が1つしかないにも関わらず、候補者が多数というケースが非常に多くなっています。そのため、どのような選考基準があるのかを十分に見極める必要があるのですが、そこで大きなポイントになるのが内視鏡検査、治療における経験数と言えます。求人に置応募する前には、あらかじめご自身の検査および治療に関する件数等を即答できるよう、事前に整理しておくことをお勧めします。また、応募にはベテラン医師が集まる傾向もみられますので、自身が即戦力となることを十分にアピールするための材料を適切に用意しておかなければなりません。また、専門性の高い求人を探す際には、応募を検討している場所が何の認定施設となっているのかも確認し、ご自身の方向性に合った施設を検討することが大切です。

小規模病院では一般内科に対応できる必要あり

逆に。小規模の病院ではどのようになっているのかと言いますと、消化器内科医としての専門性も活かしつつ、一般内科にも対応できるような能力が医師には求められることが多くなっています。例えば、外来では消化器疾患以外に関する診察も行うなど、様々な内科疾患の方を受け持つ事を必要とされるなど、多岐に渡る働き方がみられるのです。消化器内科に関しては、一般内科にも対応が可能ということであれば、地域医療に力を入れているような小規模、中規模病院からのニーズは極めて高くなっていますので、ご自身の専門性にそれほど自信がないという方でも、安心して対応することができるでしょう。