整形外科の需要が今、高まっていることを皆さんはご存じでしょうか。各都道府県が、地域医療対策に向けて力を入れる一方、高齢化が進む過疎部では整形外科医のニーズが高まり続けているのです。
もちろん、それだけがニーズ増加の要因ではありません。そもそも、整形外科は専門とする領域も広く、対象とする層が広いという特徴があります。幅広い年齢層が対象であること、治療内容が多岐に渡ることから、患者数がとても多いという特徴があります。また、高齢化社会への進行と共に骨疾患等の増加もみられ、今後もそのニーズは高まり続けるでしょう。そこで、今回は整形外科の需要、転職動向についてご紹介したいと思います。

専門性の高い分野は求人数が多い整形外科

基本的に需要が高い整形外科医ですが、中でも専門性の高い分野に関してニーズが高まっています。整形外科医の専門領域は、関節リウマチ、スポーツ医、小児整形や運動器リハビリテーションなど、かなり多岐に広がっていますが、いずれにせよそれらの領域に症例を積まれた医師のニーズが高まっていると理解して頂ければと思います。つまり、各領域の専門医・スペシャリストであれば需要が高いと言うことですね。
全体的な求人数も多く、医師不足の状況であることは間違いありませんが、実際に転職を検討されるのであれば、各地域の患者様の層や、各医療機関の考え方等を把握した上で、転職先を探されることをお勧めいたします。

地域の診療所でも整形外科の医師が求められる

冒頭でもお伝えした通り、昨今では地域医療を担う整形外科医が求められています。地域における総合病院、診療所などでも需要が高く、オペのない施設も多数あります。ただ、地域における整形外科医のニーズとしては、ジェネラルに対応する能力を求められることも多く、特に関節リウマチ、スポーツ医などの専門性を保持している医師へのニーズが高い傾向がみられます。
今後は、同様のニーズが高まり続ける機運があることから、整形外科医として地域医療を志されるのであれば、ぜひ参考にしていただければと思います。

転職時には地域の特性まで把握する必要あり

先ほども簡単にお伝えした所ですが、整形外科医そのものへの需要は非常に高く、転職先に困ることは恐らくないでしょう。今後もそのような傾向が続くことは容易に予測することができますが、実際にはある種の専門性をもったスペシャリスト、あるいはジェネラリストが求められる傾向が高まっています。
整形外科医の診療内容は多岐に渡るため、高いスキルを求められる事は以前から多いものと思われますが今後は高齢者の持つ慢性的な疾患を対象とする募集なども増加してきます。転職に関して、好条件を目指したいのであれば、指導医、脊椎・脊髄専門医など、専門性に特化することがより求められるようになるでしょう。