診療科の中では専門医へのニーズが特に高いとされる呼吸器内科。全国的に見てみても、人材が不足している傾向が高まっているという話は方々で聞かれるようになりました。高齢化に伴い、肺がんを含む疾病の増加が発生しているため、今後もニーズの増加傾向は当面続くものとみられています。そこで、今回は気になる呼吸器内科の需要に関する実態と、現在の転職市場に関する動向について、ご紹介してまいりたいと思います。

求人数は内科系で上位の呼吸器内科

呼吸器内科ですが、実は内科系においては求人数が上位とされています。前述の通り、日本における呼吸器内科のニーズが高まり続けていることがその要因とされますが、中でも死因のトップに絡んでいる肺がんの影響が大きいものとみられます。また、超高齢化社会へと歩を進める中、肺炎での死亡率も急増しており、脳卒中を上回る死因としてランクインした経緯もあるほど。実際、過去に厚生労働省が行った実態調査によれば、必要医師数に対して十分にニーズを満足させている都道府県は東京都、和歌山県のみであったと公表されています。つまり、全国的に呼吸器内科は慢性的な医師不足の傾向が明らかになっているということです。また、その中でも青森、岩手の両県では特に人材不足が深刻だとするデータも出ています。
以上の内容からも分かる通り、呼吸器内科は他の診療科と比較するとニーズそのものが圧倒的に高いため、常勤、非常勤ともに求人数の多い状態が続いています。裏を返せば、医師の売り手市場とも言えますので、ご自身の希望する条件に合わせて転職先を選ぶことも可能です。

呼吸器内科は常勤医の需要が特に高い

内科系の中でも特に求人数が多いとされる呼吸器内科ですが、常勤非常勤を問わず求人が多数掲載されているという情報は先ほどお伝えした通りです。しかし、更に言えば非常勤よりも常勤に関する需要の方が特に高い傾向がみられます。と言いますのも、実は以前に行われたある調査によれば、呼吸器内科に常勤として勤めている医師の数を他科の専門医と比較した場合、なんと30%前後も少ない事が明らかとなっています。そのため、転職を検討されている医師の皆さまには、呼吸器内科医を目指す場合は非常勤よりも常勤としての勤務を目指した方が、より好条件・高待遇を狙う事ができるものと考えられます。

小規模の病院や地方の一般病院では中堅以上の医師が求められる

転職する際にご注意頂きたいのが、呼吸器内科医の需要が高いと言っても、そのニーズは医療機関によって異なるということです。特に気にとめておいて頂きたいのが、比較的小規模な運営を行っている病院や、地方における一般病院では、求められている医師像がある程度明確となっています。具体的な傾向としては「10年以上の経験を持つ医師」を募集していることが多いため、医師としてはベテラン、あるいは最低でも中堅以上の医師が必要とされている事が分かります。また、近年では急性期のみならず、慢性期医療においても呼吸器内科医の活躍の場は広がっています。高齢者医療や、慢性期の医療においては呼吸管理が要されるケースが多く、このような要因からも、呼吸器に一定以上の強みを持つ呼吸器内科医が求められている事が分かります。また、今後は同様のニーズが増加するものと考えられますので、念頭においておいた方が良いでしょう。

呼吸器内科は専門医のニーズが高く転職に有利

以上のように、呼吸器内科医に関するニーズそのものは全体的に膨らんできているのですが、あくまでも医療機関の規模、エリア等によってそのニーズが著しく異なるケースが多いという事実は意識しておかなければならないでしょう。その中で、今注目が集まっているのが呼吸器内科の専門医です。前述のように、慢性期医療を始め、療養型の病院や在宅医療等では、呼吸器管理を必要とする患者が多くなっています。このような医療機関では、専門医のニーズが特に高まっていると言えるでしょう。また、総合病院においても同様です。
もし専門医の資格を既にお持ちであれば、上記の内容を参考にして頂ければ、転職時に有利に運ぶことができるでしょう。