医師の多くは、転職することを検討している時点で知人やツテのある医療機関等に相談を行う、医師転職サイトの利用を開始するなど、何らかのアクションを行っておられる事と存じますが、基本的に無計画の状態で展開していく事はあまりお勧めができません。近年のアンケート調査等でも、転職経験のある医師の多くは「事前の情報収集が重要である」と答えています。そこで、今回は医師の転職に際してよく挙げられる転職事由並びに、無計画に転職活動を行うリスクについてご紹介してまいりたいと思います。

医師が転職を考える理由にはどんなものがあるのか

医師が転職を考える理由について、皆さんはご存じでしょうか。インターネット上では、様々な企業等が医師転職に関する様々な調査データを公表している所ですが、それらのデータを見る限りではやはり一定の傾向が見られます。調査内容、対象などが違っても「医師が転職理由として挙げるものには一貫性がある」という事です。 特に、以下のような理由が主に挙げられています。
  • 職場環境における人間関係の軋轢(対人ストレス)
  • 残業や当直が続く等、長時間勤務による過労
  • 結婚等を機に、ワークライフバランスの見直し
  • キャリアアップを見越した転職

信頼できる医師の紹介でも、無闇に転職を決定するのはハイリスク

医師の転職につきもののリスクと言えば、紹介等において安易に転職を決定しまうことが挙げられます。では、どうして紹介で安易に転職を決めてしまうといけないのでしょうか。これまでに、紹介を元に転職を経験した医師たちは、自身の失敗例を元に様々なアドバイスを残してくれています。 その中で、何よりも覚えておいて頂きたいのが「安易に紹介された案件に決めてしまうと、様々なデメリットが発生する恐れがある」という事実です。ありがちな例としては、安易に決めてしまった為に「条件面等を含む、契約内容が曖昧になってしまう」ことや「転職後の人間関係で困りやすい」こと、「いざという時に紹介者の顔があるため、身動きがとりづらい」こと等が挙げられます。 もちろん、この他にも様々な事例が挙げられているのですが、ここで最も大切なのは「信頼できる方から、良い条件のお仕事を紹介して頂いたとしても、安易に決めない方が良い」ということです。 そもそも、紹介頂いた案件が本当に良い条件で、自身の要望に合致しているかどうかを判断するためには、判断基準となる情報を“転職活動当初の医師は持ち合わせていない”ことが多いのです。このような考え方は、今ではリスクを避ける為に重要であると認知されてきている所ですので、皆さんも気を付けて頂ければと思います。

人間関係など医師の働きやすさにも着目すべき

また、医師が陥りやすい失敗の一つに「条件面に固着しすぎる」というものがあります。多くの方が転職活動をする際に、一つの基準として条件面にこだわられると思います。もちろん、待遇面はどうなのかを確認することはとても重要です。しかし、医療現場で勤めておられる皆さんであれば、諸条件や待遇だけで全てを判断してはいけないことも既に理解されてらっしゃるのではないでしょうか。 その他に重要となるファクターとしては、職場の雰囲気、人間関係、風通しの良さなど、ご自身が働きやすい環境であるかどうかも確認をしておく必要がありますよね。安易に決める場合は、これらの条件を見逃していることが多いものです。転職にあたり、ストレスの元凶となるような要因はできるだけ避けることこそが、ファーストチョイスとして重要ではないでしょうか。

医師の転職

医師の転職についての記事はこちらです。

医師の転職

内科系科目

内科系科目についての記事はこちらです。

内科系科目

外科系科目

外科系科目についての記事はこちらです。

外科系科目

その他の診療科目

その他の診療科目についての記事はこちらです。

その他の診療科目