求人ニーズが極めて高い領域の一つ、救命救急科に関して、転職をご検討されている医師の皆さんはどのような印象を持たれているでしょうか。救命救急科の業務と言えば、一般的な印象としては「非常に厳しい労働環境」と考えている方も多いと思います。事実、24時間365日、基本的に対応をすることを求められるため、医師にかかってくる負担は相当のものです。ただ、医師に偏る負担を減少させるべく、昨今では勤務体制を完全交代制にするなどの対応を行っている医療機関も増えており、労働環境に関して言えば改善傾向が見られると考えてもいいでしょう。全国の救命救急センターや、救急指定病院などを含め、全体としての需要は非常に高い科であることから、一度は転科先として検討されたことのある医師も少なくないものと思います。
そこで、若手のキャリアアップに最適とも評される救命救急科の需要、そして医師転職に関する市場の動向をお伝えしてまいりたいと思います。

若手医師の求人が多い救命救急科

救命救急科のニーズは高く、医師数も十分に満足していないという状況があるのをご存じでしょうか。選任の救命救急医が病院におらず、他の診療科の医師がローテーションを組んで対応している病院も決して少なくはありません。前述の通り、救命救急センターや指定病院、地方の総合病院等では特にそのニーズが高くなっているのですが、実は若手医師を募集する傾向が高いのです。
しかし、若手の医師と言えば通常は求人に掲載されている待遇面がそれほど良くないのが一般的ですよね。しかし、実際には求人募集に掲載されている給与条件の平均が1500万円前後となっており、実に高い水準で募集されていることが分かります。科の性質的に、若くて体力のある医師の方が優遇されるという状況は分かりますが、それでも平均的な待遇がこれほど良いことには驚きを隠せません。

救命救急科の医師は幅広い知識が要求されるためキャリアアップにも繋がる

もし皆さんが救命救急科への転職を検討されているのであれば、キャリアアップに繋がるという事実については知っておいて頂きたい所です。救命救急科では、診療科医に関わらず、全ての科に関する初期診療を行うことと共に、緊急度に関する判定が最重要となります。このような性質があることから、基本的にはジェネラリストな医師が求められているのです。また、取り扱う症例数が非常に多く、外科内科を問わず、幅広い知識、経験、技術が要求されるため、医師として高いスキルを身につけることが可能です。また、将来に向けてキャリアアップを目指すのであれば、環境は正に理想的といっても過言ではありません。
他の科の専門医たちとコミュニケーションを取りながら行う各業務を通して、診断力、処置能力、連携能力などが磨かれるため、特に若手の医師にお勧めの現場であることは間違いないでしょう。

脳神経外科や麻酔科出身の医師も求められている

救命救急科では、脳神経外科や麻酔科出身の医師に関するニーズは極めて高まっています。どちらの科も緊急度の高い場であり、培ったスキルを活かすのに救命救急科は最適と言えます。人材不足の中、少しでも高いスキルを持った医師に注目が集まる事は間違いありませんが、もし脳神経外科あるいは麻酔科での経験をお持ちなのであれば、好条件を期待することができることは間違いないでしょう。

救命救急科は激務のイメージがあるがやりがいも大きい

全体を通して、救命救急科に関する転職事情を少しはお分かり頂けていれば幸いです。この科は、産婦人科や小児科と比べても非常に激務のイメージが強く、敬遠される医師の方も決して少なくはありません。しかし、救命救急における重要なポジションの仕事であり、命に直結する現場での勤務となることから、非常にやりがいが大きく、強い責任感、様々な能力を磨きあげる事が可能です。自然災害などが多発する昨今では、救助に関する中核を担うこともあり、常に高いニーズもあります。
医師としてのキャリアアップを目指している、あるいは高いスキルを身につけたい、命を救いたい、そのような志を持たれているのであれば、救命救急科は非常にお勧めです。